外国人の技能実習

開発途上国等への援助の形態の1つに外国人の技能実習があります。

この制度は、発展途上国等おいて経済発展や産業振興が進むように、その担い手となる人材を日本で育てることが内容となっています。

カンボジアの送り出しの有益な情報をお届けします。

日本での国際協力や国際貢献の一環として行われており、この制度を利用して実習生は、様々な職種の技能やそこでのノウハウを習得することができ、将来、自分の国において経済発展に貢献をすることができることになります。
外国人技能実習生の受入には2つのタイプが設けられており、まず、1つには企業単独ががあります。
これは、企業に現地法人や合弁企業がある場合、ここでの職員を受け入れて行う方法になります。

2つめとしては、団体監理型があり、ここでは、商工会や中小企業団体等の営利を目的としない団体が窓口となり実習生を受け入れ、会員等となる企業へ実習生を派遣する内容になっています。



そして、この2つのタイプでは、入国後1年目に技能を取得する内容と、2、3年目に技能を習熟する内容があり、3年の期間になった場合には帰国が行われることが定められています。

期間中は、労働に関係する法令は全て適用されることになり、団体監理型では、組合による責任と管理が求められることになります。

外国人実習生の受入には、雇用の安定や定着、また職場においても活性化や生産効率の向上化など、様々なメリットがありますが、行うには企業規模による人数制限や対象となる職種が定められているために、内容を照らし合わせてから判断をすることが必要となり、また、受入には大きな責任も伴うことも理解をすることが必要になります。